揉めないためにシェアハウスを東京でおこなう時の注意点

シェアハウスは東京にも沢山ありますが、メリットは一人暮らしよりも安い費用で住めることでしょう。前家賃と保証金だけの物件が多いので、敷金礼金がいらないことも多いです。一人暮らしでマンションやアパートを借りるとなると、敷金礼金が必要な場合は家賃の5~6か月分くらいの費用を用意しておく必要があります。他にも家電や家具がすでに設置されていることも多いので、家電や家具を購入する必要がないこともメリットといえます。一人暮らしでは絶対に住むことができないような広い部屋や、設備の整ったキッチンやお風呂が使えるのもメリットといえます。比較的都心に近い便利な場所にあることが多いので、通勤や通学にもとても便利で通いやすいです。他にも光熱費などが割り勘になるのでかなり節約できます。

同居人と揉める原因と解決方法とは

シェアハウスを東京でおこなう時の注意点ですが、やはり複数人で生活をするので光熱費や消耗品の費用の分担で揉めることもあります。入居時にあらかじめ毎月いくら払うのか決めておくことが大事です。他にも家具や家電の所有権で揉めることもあります。みんなで費用をだしあって買った家電などは、特に揉めることが多いのであらかじめ所有権を決めておくと後で揉めずにすみます。友達や恋人を勝ってに連れ込んで揉めることもあります。女性だけで暮らしているなら男性は入れないようにするなど、あらかじめルールを作っておくといいでしょう。他にも退去した後に次の入居者が決まらないと、家賃の負担が大きくなります。退去する時は代わりの入居者を探してから退去する決まりにすると、後で揉めずにすみます。

事前にルールを決めておくと安心

シェアハウスを東京でおこなう時は、事前にルールなどをじっくり話し合い書面にしておくことが大事です。書面にせず口約束ですませると、後で言った言わないで揉めることになります。書面でしっかりまとめておき、同意のサインもしておくといいでしょう。万が一そのルールを破った時はペナルティを決めておくことも大事です。緊急連絡先もしっかり確認しておくことも大事です。万が一何かのトラブルが起きた時に緊急連絡先を知らないと、とても困ることになります。最低でも勤務先や実家の住所と電話番号くらいは確認しておくと万が一の時でも安心です。退去のルールも決めておくことが大事で、退去する時は何か月前に知らせておくようなルールを決めておくと安心です。月の途中で退去した場合は、家賃の日割方法なども計算しておくといいでしょう。