東京でお気に入りのシェアハウスを見つけるコツ

東京での一人暮らしは憧れますが、とても家賃が高いことが悩みの種です。多くの買い物や娯楽施設などがあり、たくさんの楽しみがあるせっかくの都会暮らしですので、できるだけ生活費を抑えて、楽しいことにお金を使いたいものです。そんな時にオススメなのが、最近増えているシェアハウスの利用です。シェアハウスとは、大きな一軒家などに色々な人が住み、キッチンやバスルームなどはシェアするスタイルの居住サービスです。もちろん、共同生活なのである程度のルールはありますが、費用を抑えつつ自由な気ままな一人暮らしを楽しむことができるので、幅広い年齢層に人気です。東京には、このような施設が多くあるのですが、お気に入りを見つける為には、内観の際に必ずチェックしておくポイントを押さえると良いです。

共用施設の清潔感や掃除システムを要確認

キッチンやバスルームなどの共用施設はシェアとなりますので、片付けや掃除もシェアや曜日によって担当者を決めるシステムをとる家が多いです。しかし、かならずと言っていいほど、汚く使う人もいますし、掃除をさぼる人もいます。この点が気にならないのであれば良いですが、誰でも清潔な空間で快適な暮らしをしたいと思うのが一般的ですので、お掃除当番の制度などを運営会社にしっかり確認をすることが必要です。また、内観をしたときは、食器置き場や冷蔵庫の中などもチェックして、今住んでいる住人の清潔度合いが自分の感覚と合っているかを確認することが重要です。いくら立地がよくても、快適に住めないことには意味が無いので、家を決める際の基本的なポイントとして、ここは妥協しない方が良いです。

日当たりの良さも事前に要確認です

家自体は日当たりの良い立地にあっても、自分の利用する部屋が全く日が当たらなければ、快適な生活を送れません。なので、内観の時は、検討中の部屋を実際に目で確認し、雰囲気を確かめるのがポイントです。内観のアポは午前中の早い段階でとって、朝方の日当たりを確認すれば、快適な朝を迎えられるかどうかの判断基準となります。東京ではシェアハウスが増えてきているので競争が激しくなっているので、サービスや設備のレベルも上がってきていますが、需要に供給が追いついていない傾向にあるので、ちょっと妥協するけど仕方ないという気持ちで入居する人も多いです。しかし、衣食住は生活を送る上で非常に重要なことなので、妥協せず、満足のいくレベルの物件を見つけるためには、このような細かい点も確認することがオススメです。