東京で安くて便利なシェアハウスを探すコツ

東京の賃貸価格はとても高く、安価な家賃を求めると都心から離れた場所に住む必要がありますが、その分の交通費が嵩み、最終的な生活コストは抑えられません。そこで、最近注目されているのが一軒家の一部屋を間借りして、キッチンやお風呂などは共有するというシェアハウスです。学生さんが住む下宿のようなイメージですが、違うのは大家さんや管理人さんが一緒に住まず、自由度が高いという点です。更に、いろんな人と一緒に住むので、友達ができたり、東京の観光名所や美味しいお店などの情報交換できるという利点もあり、最近メディアでも注目を集めている居住形態なのです。シェアハウス探しのポイントは、値段と、管理している会社の対応に注視して家を選ぶということです。自分に合った家を探すことが出来れば、とても楽しい都会生活をおくることができます。

値段は周囲の賃貸物件の相場を見て判断

ほとんどの場合、シェアハウスの方がマンションやアパートを賃貸するより安いケースばかりですが、家を選ぶ時はその周辺の賃貸相場を見て、その価格が不当につり上げられていないか確認することが重要です。また、普通の賃貸では家具や家電を自分で調達する必要があり、その分の引っ越し代や運送代もかかりますが、シェアであれば備え付けの物件がほとんどなので、その点を計算に入れて比較することも重要です。都心になると、広さの割に高いと思うかもしれませんが、その分交通費がかからないメリットなども考えて、その価格が妥当かどうか判断する必要があります。シェアは需要に供給が追いついていない傾向にあるので、あまり選択の余地がない場合が多いですが、毎日の暮らしを支える住まいは重要なので、納得のいく価格で契約することが大切です。

運営会社の対応や巡回の頻度も要チェック

多くの場合、部屋は個人ではなく企業が運営を管理しており、部屋の案内から入居手続き、入居中の相談なども会社が面倒を見てくれます。特にシェアでは、一軒に多くの人が住むので、騒音やキッチンの使い方、掃除の役割分担などでもめるケースもあるので、そんな時に運営会社が親身になって対応してくれるか、仲介役になってくれるか、定期的に巡回してくれるかなどを先に確認したり、内覧時の対応を見て判断するのが良いです。せっかく立地が良くても、住民ともめてすぐに退去したくなるような家では、せっかくの楽しい東京生活が台無しになってしまいます。きちんと運営会社が管理してくれるか、家の不具合に迅速に対応してくれるか、レスポンスは良いかなどが判断基準です。きちんとした会社が管理していれば、楽しいシェア生活を送ることができること間違い無しです。