東京でシェアハウスを利用する際にはマナーに気をつけて

面倒な手続きや、敷金・礼金の支払いなく簡単に入居できるのが魅力的なシェアハウスは、幅広い年齢層から支持を受けており、東京を中心に日本全国で増えている居住形態です。普通の一人暮らしではありえないような最新の設備が整っていたり、生活コストも抑えられ、場合によっては外国人も暮らしているので留学せずに異文化交流できることなどが魅力です。しかし、同居人とトラブルになると楽しいはずのシェアハウス生活が台無しになってしまうので、その家のルールは守り、特に共有スペースの使い方・片付け方などは、後の人のことを考えてキレイに使うのがポイントです。色々な考えの人が集まる場所なので、小さな誤解から大きな問題に発展する場合もあります。楽しい東京生活を送る為にも、マナーには気をつけることが重要です。

キッチンの利用は特に気をつける

キッチンの利用は、時間帯によっては混雑するので、他の人とずらして利用したり、一人で独占しないように配慮することが重要です。時間のかかる料理は、休日などキッチンの利用率が低い時にまとめて行うなどの工夫が必要で、冷蔵庫に食品を入れる時も、分かるように名前を書きます。古くなった食材を長期間冷蔵庫に入れることは避け、忘れないうちに取り出して他の人も快適に利用できるよう心がけます。炊飯器も、ごはんを炊いたらすぐに取り出し、独占しないように小分けにして保存するなどの配慮が必要です。電子レンジも、利用したらすぐに中身を取り出し、次の人がいつ来ても使えるようにしておきます。洗い物も置きっぱなしにせずにすぐに片付け、スポンジなども洗っておくと、次の人が気持ちよく利用できます。

お風呂場やトイレなどの掃除はこまめにする

多くの場合、湯船につかるのではなく、シャワーのみのシェアハウスが多いですが、使用後は髪の毛が落ちてないか確認し、水垢がつかないように洗う等して清潔に保つ努力が必要です。トイレも、汚した場合はすぐに掃除し、次の利用者が気持ちよく使えるようにします。多くの場合は運営会社や管理人さんが決めたルールがあるので、それに従い、守っていない人には直接注意ではなく管理人さん経由で話をしてもらうようにすれば、その人との関係もギクシャクせず、楽しい東京ライフをおくれます。掃除道具などは管理会社が調達する場合が多いですが、詳細を事前に確認して、自分だけに金銭的負担がかかりストレスが溜まらないように気をつけるのもコツです。このような点を気をつければ、楽しい生活が送れること間違い無しです。

時期や物件によってはフリーレントや礼金無料などのお得なキャンペーンをご用意しています。 長期出張者や、転勤社員様向けの法人契約も可能です。 外国人も多いため英語力の向上にも最適です。 CMや雑誌などの撮影場所として、メディア掲載多数。 1人の時間、空間を確保しながら交流のある生活を楽しめる、新しい一人暮らしのスタイルをご提案します。 東京でシェアハウスを探すなら